にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
ここをクリックしてください

2013年03月06日

VISION2020

  天一国元年天暦一月二十五日、陽暦2013年3月6日(水曜日)を迎えた。天気は、晴れ!晴れ

  現在、霊肉界の全てが「VISION2020」に向って動き出している。2020年は、メシヤであられる「真のお父様聖誕100周年」で意味ある年である。カイン圏においてもオリンピックが行われる年として話題に挙がっている。

  父の国韓国は「朴槿恵政権」、母の国日本は「安倍政権」が、各々本格的にスタートした。朴槿恵大統領は、就任式の時に「南北統一関係」「平和大使関連」の人を多く招待した。つまり、天地人真の父母様の基盤を認めざる得ない状況であり、その基盤・ルートをもってしか「南北統一」は出来ないと考えているようである。

  父親である朴正煕大統領も真の父母様と縁があった。やはり血統は重要である。安倍晋三首相の祖父である岸信介元首相も真のお父様に会っている。

  朴槿恵大統領は、梨花女子大元副総長「朴瑪利亜」(パク マリア)の蕩減復帰だと言われている。1955年に梨花女子大学事件が勃発した。統一教会の教えを異端として梨花女子大学の教授5名と学生14名が退職・退学処分になった。信仰の自由が認められていない理不尽な事件で、当時は大きく統一教会が異端として祭り上げられてしまった。

  当時の梨花女子大学の総長は「金活蘭」、副総長が「朴マリア」であった。そして、朴マリアの夫は李承晩大統領の側近「李起鵬」(イ キホウ)で副大統領になった人物である。この時、間違いなく韓国が復帰される道筋が出来上がっていたのである。

  もし、梨花女子大の金活蘭・朴マリアが受け入れていたなら歴史は変わっていた。

  しかし、今、朴槿恵大統領は天地人真の父母様を受け入れている。過去の大統領の多くは、メシヤと反対の経路を辿った。その末路は大変である。

  VISION2020に向って、全てが進んでいる。

  霊界の先祖に感謝の気持ちを忘れない!

  
posted by きさん at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 血統 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

祝福は血統転換

  天基三年天暦一月二十二日、陽暦2012年2月13日(月曜日)を迎えた。天気は、晴れ!晴れ Ddayまで375日となった。

  祝福は、血統転換である。原理講論で、人間の罪について、特に罪の根・原罪を確認してみよう。

  罪の根は人間始祖が果実を取って食べたことにあったのではなく、
蛇に表示された天使と不倫なる血縁関係を結んだところにあったということを知るようになった。したがって、彼らは神の善の血統を繁殖することができず、サタンの悪の血統を繁殖するようになったのである。(堕落論)

  第一に原罪というものがあるが、
これは人間始祖が犯した霊的堕落と肉的堕落による血統的な罪をいい、この原罪は、すべての罪の根となるのである。(堕落論)

  堕落によって神様の血統からサタンの血統に変わってしまったのである。逆に血統転換されてしまったのである。

  血統をインターネットで検索してみると、競馬の話しばかりである。人間の血統については、なかなか検索されない。悲しい事実である。

  血統転換で検索するとUCの記事と反対派の記事がでてくる。

  やはり、血統はサタンが握っているのである。

  四大聖人の中で唯一イエス様だけが殺害された。お釈迦様・孔子様・マホメット様は、年老いて亡くなられた。それは、イエス様が血統について言及されたからである。自分が、神の子であると!

  サタンは、血統に関しては絶対譲らないのである。

  霊界の先祖たちも神の子の出現を待ち望んできたのである。

  我ら祝福家庭は、血統を守らなければ成らない。

  霊界の先祖に感謝の気持ちは忘れない!



posted by きさん at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 血統 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

祝福と永生

 真のご父母様のみ言

 堕落人間は血統を転換しなければなりません。これが根本的な問題です。神様と人間の関係は父子の関係ですが、このようなことすべてが未知の事実として残ったので、歴史が解けず、今まで神様の摂理を知らなかったというのです。血統転換も個人圏、家庭圏、民族圏、国家圏、世界圏、すべてしなければなりません。これは、メシヤが来なくてはならないのです。父母が出てこなければ血統が転換されないのです。

 皆さん、祝福される時、血統転換式をしましたね。それを、「私」の生命より、もっと信じなければならないのです。統一教会の一つの礼式だとして、ただ一般的な宗教儀式だと思ってはいけないのです。これは死んだ人に対する回生という薬の注射と同じです。解毒駐車です、解毒駐車。(天聖経 人間の生と霊魂の世界)

 10/14に、天地人真の父母様を主礼とする祝福式が行われる。今回の祝福は、摂理的意義が非常に深いものだと感じる。天聖経の中にも、個人から家庭、民族、国家、世界レベルの祝福があると言うことだ。おそらく、120カ国頂上級人物・VIPも対象になっていることから世界レベルであろうと思われる。

 小生もまだ、すべてを掌握しているわけではないが、とにかく今回の祝福は重要である。

 備(供)えて臨むべし!明日の礼拝も!
posted by きさん at 16:54| 東京 🌁| Comment(0) | 血統 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索