にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
ここをクリックしてください

2016年08月20日

織田信雄の書状

 天一国四年天暦七月十八日、陽暦2016年8月20日(土曜日)を迎えた。天気は、雨!台風の影響か?

 今年7月8日の読売新聞の記事に、『「ポスト信長」争い焦り?信雄、秀吉に書状』とあった。記事の内容は、以下の通りである。

 1582年(天正10年)の本能寺の変の後、織田信長の次男信雄が豊臣秀吉に宛てた書状が見つかったと名古屋市の中京大学が7日、発表した。(2016年7月8日 読売新聞より)

 昨年、映画「清須会議」が話題になったが、その清須会議の3日前に宛てたもので、「一刻も早く秀吉と連絡を取ろうとした信雄の後継者争いを巡る焦りが見て取れる」としている。

 結局、後に江戸幕府、織田信雄は、上野(群馬県)甘楽郡5万石を与えられた。今も、群馬県甘楽町の民族資料館には、所縁の物があるらしい!

 織田家は、元々、越前織田荘(現福井県織田町)にある剣神社の神官の血統である。織田家は、日本の歴史上重要な家系であった。本来は、キリスト教を受け入れる使命があったとされる。

 1549年キリスト教が伝来されて、33年後に「本能寺の変」で命を落とすことになる。33年は、イエス様の生涯と同じである。

 霊界の先祖に感謝の気持ちを忘れない!


posted by きさん at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 先祖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。