にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
ここをクリックしてください

2015年09月18日

原理講論は、真の父母様の歴史路程!

 天一国三年天暦八月六日、陽暦2015年9月18日(金曜日)を迎えた。天気は、雨!のち曇り!相変わらず、不安定な天気である。

 「祝福の絶対価値と神氏族的メシヤの責任完遂」は、現在の我々の信仰生活を教導するうえで欠かせない訓読本である。特に、1対1の原理講義を指導するにおいて、原理講論の価値を改めて確認させられる。

 その中から、原理講論を中心とした伝道より、抜粋した。

 今まで統一教会が発展しきれなかったのは、本から離れて講義をしたからです。原理講義をするときに本を使わずに講義をしたので、大衆の指導者を育てることができなかったのです。本をもって十回学べば、すべて講師になるというのです。

 本を使わずに講義をすれば、基本がないために、講義を聞いて感動しても、あとで参考にする材料がありません。

 今までは、本を見ずに講義をしたので、原理の本を訓読することと関係がなくなっていました。それは、全体の心霊発展に大きな損害をもたらしたのです。

 真のお父様は、明確に「原理講義は、原理講論を用いてせよ」と言われている。訓読会につながるようである。

 霊界の先祖に感謝の気持ちを忘れない!


posted by きさん at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 先祖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。