にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
ここをクリックしてください

2013年10月08日

寒露を迎えて!

  天一国元年天暦九月四日、陽暦2013年10月8日(火曜日)を迎えた。天気は、晴れ!

  本日は、二十四節気で「寒露」(かんろ)である。意味は、露が冷気によって凍りつくような季節。雁(がん)などの冬鳥が渡ってきて、菊が咲き始め、蟋蟀(こおろぎ)が鳴き止む頃。

  似たような「白露」(はくろ)もある。季節は夏よりであるが、同じ「露」(つゆ)がつく。白露の方は、露が出始めた頃をさしている。そして、約一ヶ月後には、その露が冷たくなっている。何とも季節感を感じさせてくれる。

  今月10月の節入り(せついり)でもある。月の干支が変わる時である。今日から「壬戌」(みずのえ いぬ)の月である。

  本格的に秋も深まって行く頃である。しかし、今日は、少し暑かった。

  季節感の中に天の奥妙な息遣いを感じる昨今である。

  霊界の先祖に感謝の気持ちを忘れない!


posted by きさん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 先祖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。