にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
ここをクリックしてください

2012年03月05日

お薦(すす)めの映画 ファイアーストーム

  天基三年天暦二月十三日、陽暦2012年3月5日(月曜日)を迎えた。天気は、雨!雨 少々、気温が低く寒い!台風 Ddayまで、あと354日となった。

  人は、様々なことから良くも悪くも影響を受ける。映画は、その典型である。

  ファイアー・ストームという映画を紹介しよう!題名を直訳すると「火の嵐」である。2008年に米国で公開され、原題は「Fireproof」である。意味は、防火の、耐火の、と形容詞で使われる。

  米国のキリスト教会が、夫婦のあり方について描いた内容である。主人公のケイレブは消防士の隊長だが、妻のキャサリンと離婚の危機に瀕していた。夫婦が互いに気持ちが一つになれずに、すれ違いの毎日である。

imagesCA1NOY34.jpg
            <ケイレブとキャサリン>

  そんな時、ケイレブの父親から「40日の愛の実践」をアドバイスされる。ここで重要なのは、主人公の気持ちが変わるところである。人間努力すれば、変わることができる。最初は、ただ言われた事だけをやって結果に右往左往している。が、心が変わり「真実の愛」に目覚めていく。

  まさに信仰とは、「真の愛」を復帰することを我々に教えてくれている。

  何とも感動する映画である。そして、この夫婦がもう一度結婚式を挙げるのである。最後に牧師が、「この結婚は契約ではなく成約である」と言っていた。

  何か、祝福とダブルところがある。

  神の願いは、夫婦が一つになることであり、先祖の願いも同様である。

  霊界の先祖も一緒に見る時代であり、当然感謝の気持ちは忘れない!


posted by きさん at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 先祖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。