にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
ここをクリックしてください

2009年10月27日

楽天 野村監督に学ぶ

  プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズの日本ハムVS楽天の試合のあと、野村監督の胴上げされる場面を見た。シリーズに負けたにもかかわらず、しかも相手チームも一緒になっての光景である。そして、相手ファンからも感謝の言葉がかけられていたのも印象的であった。

  野球の話題で、とても感動した。今季限りの野村監督に対して、楽天の選手は、涙しながらコメントを述べていた。本当に、深い心情関係がきずかれていたに違いない。まるで、父親と子供の関係だと思った。監督が、手塩にかけて育てたとは、このことであろうか?

  野村監督は次のように語った。

     人間何を残すかが重要である。
         財を残すのは下。
         仕事を残すのは中。
         人を残すのは上。

  まさに、人を残すと言うことは、人材の教育である。国の未来は、人材の教育にある。しかも、知的教育にとどまらず心情教育が重要である。何を感じ、思い、どのように表現し行動するかである。

  野村監督、本当にお疲れ様でした。


ラベル:父親 心情教育
posted by きさん at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 父親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。