にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
ここをクリックしてください

2018年01月07日

寒の入り:小寒

 天一国五年天暦十一月二十一日、陽暦2018年1月7日(日曜日)を迎えた。天気は、晴れ!

 一昨日(1月5日)は、二十四節気で「小寒」(しょうかん)を迎え、「寒の入り」と言う一年で最も寒い時期となった。1月20日が、「大寒」(たいかん)となる。

 季節の節目であり、摂理の節目である。

 日本も新たに出発する。1月5日は、始務式を真のお母様を中心として成された。2020年に向かっての準備である。

 神日本家庭連合と神宿家庭教会のみ言を賜った。今年最初の礼拝であった。年頭に当たって、尊い聖日を天の父母様より頂いた。

 天の父母様(神様)が働く日本であり、東京であり、新宿家庭教会となる2018年!

 いよいよ創造本然の時代が近い!

 霊界の先祖に感謝の気持ちを忘れない!
posted by きさん at 16:01| Comment(0) | 二十四節気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

大雪(たいせつ)の日に故郷を思う

天一国五年天暦十月二十日、陽暦2017年12月7日(木曜日)を迎えた。天気は、晴れだが、東京は寒い!

既に、二十四節気では、立冬を越え小雪(しょうせつ)過ぎている。大雪は、「たいせつ」と読む。

今日が、その大雪である。東京では、雪は降らないが、故郷では雪の降る時期に入った。

東京で暮らす日々が、故郷で過ごした時間より長くなった。母と弟は元気だろうか?

大雪の日に故郷を思い出した。

霊界の先祖に感謝の気持ちを忘れない!
posted by きさん at 21:19| Comment(0) | 二十四節気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

摂理の節目「霜降」(そうこう)

 天一国五年天暦九月四日、陽暦2017年10月23日(月曜日)を迎えた。天気は、雨の後晴れ!

 久しぶりに記事を更新する。昨日は、日本列島も台風21号に見舞われた。大事な国政選挙と重なった。与党の圧勝となった。これからである。

 二十四節気では、「霜降」(そうこう)である。読んで字のごとし、「霜」(しも)が降る季節を表す。11月は、「立冬」(りっとう)、「小雪」(しょうせつ)と更に、秋から冬支度をするような季節となる。時の流れは、早い!

 明日から「第三次120日特別路程」が出発する。摂理の節目を迎えることとなる。真の父母様の御聖誕日まで最高の孝情と実績で、の小題をいただき出発となる。

 天一国義人1000人を探せ!これも大きなキーワードである。

 霊界の先祖に感謝の気持ちを忘れない!
posted by きさん at 18:24| Comment(0) | 世界平和統一家庭連合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

天皇陛下が高麗神社へ!

 天一国五年天暦八月二日、陽暦2017年9月21日(木曜日)を迎えた。天気は、晴れ!

 昨日、天皇陛下が高麗神社へ参拝されたことが報道された。天皇家と韓国に縁(えにし)を感じる出来事である。

b2b881b43ef9c17342efe9f6164bcdae_t.jpg


 そして、高句麗の歴史や家系図などを興味深く、見られていたと聞いた。

 天皇陛下と韓国の縁と言えば、思い出されるのが、忘れもしない2001年12月18日の出来事であった。翌年2002年は、日韓サッカーワールドカップの年であった。天皇陛下が、マスコミの会見で以下の様に述べられた。

 「私自身としては、桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると、『続日本紀』に記されていることに、韓国とのゆかりを感じています。武寧王は日本との関係が深く、この時以来、日本に五経博士が代々招へいされるようになりました。武寧王の子、聖明王は、日本に仏教を伝えたことで知られております。」(2001年12月18日の会見並びにWIKI桓武天皇に記載)

 その後、この会見の記事は、一切報道されなくなった。

 先日、天宙聖和5周年のツアーで、武寧王の墓に行く人がいた。小生は、行ってないが!小生は、明日から韓国清平である。

 何か意義深いものを感じる。

 霊界の先祖に感謝の気持ちを忘れない!
posted by きさん at 13:39| Comment(0) | 世界平和統一家庭連合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

秋の彼岸と先祖供養

 天一国五年天暦八月一日、陽暦2017年9月20日(水曜日)を迎えた。天気は、曇り!

 ブログに相応しいタイトルになった。今日は、秋の彼岸の入りである。今年は、9月23日が「彼岸中日」となる。26日(彼岸のあけ)までが、秋の彼岸の期間となる。

 特に、寺院では「彼岸会」と言う法要が捧げられる。親族・氏族が集まって先祖に感謝の気持ちを込める。冥福を祈り、ご加護を祈っていく。

 彼岸とは、仏教で「極楽浄土」の意味がある。この世(此岸:しがん、こちらがわ)にある一切のしがらみを捨て去って、彼岸(ひがん:あちらがわ)で成仏されるのである。悟りの境地に至るイメージであろうか!

 日本には、古来から「魂」は永遠であると言う先祖崇拝と仏教が融合して、春と秋に彼岸の行事をするようになったと言われている。

 小生も、ちょうどこの期間、清平役事に参画することになっている。解怨を代理で行うのである。これが、最大の先祖供養である。

 天が時を与えてくれた。先祖に導かれている。

 霊界の先祖に感謝の気持ちを忘れない!
posted by きさん at 17:56| Comment(0) | 先祖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

北朝鮮建国記念日の前の「聖和祝祭」と「起工式」

 天一国五年天暦七月十八日、陽暦2017年9月8日(金曜日)を迎えた。天気は、曇り!久しぶりに記事を更新した。霊界の動きに敏感でなければならない!

 二十四節気の「白露」(はくろ)を越えて、いよいよ秋の季節が到来しそうである。今年は、「冷夏」(れいか)で、作物が育ちにくかったのではないか!農家にとっては、良くない時期だった。

 極東アジアの情勢は、依然として不安定である。韓国メディアによれば、明日の北朝鮮建国記念日に「大陸間弾道ミサイル(ICBM)」が発射されるという予測があるようだ。

 天の摂理は、昨日が「文鮮明天地人真の父母天宙聖和5周年記念聖和祝祭」で、本日が「天地鮮鶴苑起工式」であった。まさに、新しい時代の幕開けを感じ、霊界・地上界の摂理が大きく進展していきそうだ。

 明日の北朝鮮の建国記念日の前に、昨日と本日の式典が挙行されたのは意味があるように感じる。韓国国会議員・国会国防委員長の挨拶の中に「平和を愛する世界人として」が出てきたのが印象的であった。さらに、地元の加平郡郡守も挨拶した。

 摂理の中心は、清平にある。復帰されたエデンの園・・・それも完成段階の・・・ここで復帰摂理が完結されていくようだ。

 あらためて、天の父母様と天地人真の父母様に感謝である。

 霊界の先祖に感謝の気持ちを忘れない!
posted by きさん at 19:14| Comment(0) | 文鮮明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

新宿パネル展!家庭連合時代「孝情文化」

 天一国五年天暦閏五月十五日、陽暦2017年7月8日(土曜日)を迎えた。天気は、晴れ!

 久しぶりに記事を書くことにする。昨日は「七夕」であり、二十四節気では「小暑」(しょうしょ)である。暑い季節を迎えた。半年前あるいは半年後は「小寒」(しょうかん)と言って「寒の入り」である。「署の入り」と言うのだろうか?ネットで検索しても出てこない!

 先回は、5月の初旬に更新したきりである。新宿家庭教会においては、統一運動パネル展が開催されている。大きな恩恵を受けている。聖都開門!孝情の新宿!統一パネル展!

 天宙聖和5周年を前にして、「孝情の涙で天宙聖和5周年をお迎えしよう!」と言うスローガンを与えられた。今の言葉は、「孝情」がキーワードである。「孝行」「心情」まさに、それが文化にならなければならない!

 素直になることである。それは、飾らない!気取らない!見栄を張らない!本心・良心の声に耳を傾ければ、喜びと感謝が自然に湧いてくる!

 これまでの文化は、サタンを中心とする文化である。自己中心の文化である。

 これを変えていくのは、世界平和統一家庭連合である。天一国時代に向かう私たちの姿勢が「孝情」の心情にならなければならない。

 霊界の先祖に感謝の気持ちを忘れない!
posted by きさん at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界平和統一家庭連合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。